くりおぺ

サークル『釣師』ぼいじゃあによる無料音楽素材、DTM講座、Mixのやり方、各種機材・プラグインレビュー、作品紹介、活動報告など。趣味の料理レシピなんかも。

A900X、SE535、K240Studio

機材レビュー

女の子に例えると? ヘッドホンレビュー リスニング兼用型

更新日:

 

今回はモニタリング・リスニングどちらにも使える万能型ヘッドホン3種を紹介していきます。

以前の関連記事はこちらからどうぞ。

失敗しないための、モニターヘッドホンの選び方
女の子に例えたら? ヘッドホンレビュー モニター特化型編

 

目次

 

【注意点】

このレビューは私のおすすめではなく、実際に使用したことがある、または使用している機種のレビューになります。また、機種によっては購入したのが大分昔になるため、現行品とは異なる場合があります。
あくまでも主観でのレビューですので、参考としてお読みいただき、最終的には自分の耳で確認することをおすすめいたします。

audio-technica "ATH-A900X"

女の子に例えるなら……

「幼なじみのクラス委員長」。

クラスでも人気者な才色兼備の優等生。でも幼なじみだし、たまにだけど一緒に下校してたりするし、結構世話焼いてくれたりするし、ひょっとしたらイケるかも……!!
またラノベに出てきそうなキャラですね。

概要

A900X(c) audio-technica 製品ページより

 

今現在、私がメインで使っているヘッドホンです。分類としては密閉型リスニング兼用タイプでしょうか。

価格と音質のバランスが良く、モニターにも日常的にも使える上、そのフラットな特性によってジャンルを選ばない、かなりの優等生だと思います。

音の傾向

上から下まで、フラットな感じで鳴ってくれます。さすがに900STほどの解像感はありませんが、モニタリングにもまったく問題ないレベル。

ドンシャリでもなく、カマボコでもなく、どこかの音域が変に強調されているわけでもない、非常に自然な音です。そのおかげか、どんなジャンルでも破綻することなく、無難にこなしてくれます。

かといって聞いていて楽しくない音という訳でもなく、そのあたりのバランスが非常に高いレベルでまとまっています

気になる点

私はあまり気にならないのですが、人によっては低音の量感が物足りない、という人もいるようです。

また、購入時点ではちょっと側圧が強めです。両側から外にひっぱり無理矢理開く事である程度の修正は可能ですが、やり過ぎに注意しましょう。

総評

非常にバランスが良く、誰にでもおすすめできるヘッドホンです。最初の一台としてもおすすめ。

メーカーのウェブサイトから保守パーツが結構気軽に買えたりする点もポイントが高いです。

また、ちょっと裏技ですが、同じaudio-technica製であれば、もっと上のクラスの製品とイヤーパッドに互換性があったりもします。この製品は人工皮革ですが、本革製の物やベロア生地のタイプへも交換可能です。気になる方はネットで調べてみてくださいね。

■ audio-technica "ATH-A900X":製品情報ページ
■  サウンドハウス での レビュー確認・商品ページはこちら

 

Shure "SE535"(カナル型イヤホン)

女の子に例えるなら……

「実力派トップアイドル」

いつもステージの上でキラキラ輝いてるあの子。今は手が届かないけど、いつかはあんな女の子とお付き合いしてみたい!

概要

SE535(c) Shure 製品ページより

 

こちらもイヤホンですが、参考までに。

価格的には高嶺の花です。しかし、それに見合った価値はあります

iPhoneの標準イヤホンしか使ったことが無い人がいきなりこれを使ったら、多分天地がひっくり返るレベルでビックリするでしょう。

「あぁ、俺は今まで本当の音楽を知らなかったんだ」……そう思えるようなイヤホンです。

音の傾向

メーカーでは「ステージ上でのインイヤーモニター」という文句で売り出しているようですが、どちらかというとリスニング向けという印象があります。

確かに解像度の高さも備えているのですが、何を聞いてもだいたいよく聞こえてしまうのです。

たっぷりとした低音から、繊細な高音まで綺麗に鳴らしてくれるので、聞いていてほんとに気持ちいい音、と言えるでしょう。

気になる点

ちょっとカマボコ型よりのフラットという感じの音質で、ドンシャリ好きの人にはあまりおすすめできないかもしれません。

また、私の耳の構造上の問題なのかもしれませんが、イヤーピースをER-4Sの項で説明したコンプライに替えてみたところ、いきなり高音がシャリシャリしてキツくなったりしました。基本的には純正のイヤーピースを利用するのがよさそうです。

性能についてはまったくもって文句なしですが、何よりの問題点はその価格と言えるでしょう。

 

※2016年4/28追記

使いはじめてだいたい3年ほど経過しましたが、イヤーチップを取り付けるステムが折れました……。

調べたところ、形状的に結構多発している破損らしいです。とりあえず、現状では瞬間接着剤で応急処置をし、とりあえずは使用できています。

保証期間内ならば交換で対応してくれるそうですが、それ以降は結構な修理費がかかるようなので、気になる人は延長保証などに入って対応しましょう。

 

総評

高い! でも素晴らしい! でもでもやっぱり高い!!

性能や音の良さは価格分の価値があります。あとは、イヤホンにここまでのお金が出せるかどうか、という事が一番の問題でしょう。

また、何を聞いてもそれなりによく聞こえてしまうので、モニターイヤホンとしてはちょっと問題があると言えるかもしれません。

リスニング用には文句なくおすすめ。今まで聞いてきた曲を全て、このイヤホンで聴きなおしたくなる事でしょう。

http://www.shure.co.jp/ja/products/earphones/se535

■ Shure "SE535":製品情報ページ
■  サウンドハウス での レビュー確認・商品ページはこちら

 

AKG "K240 Studio"

女の子に例えるなら……

「隣に住んでる優しい奥さん」

すれ違いざまに挨拶をすると、笑顔で返してくれてなんか癒やされる。たまーに隣の部屋から、なんかアレな声が聞こえてきてドキドキしてしまう……。
もはやヘッドホンのレビューじゃないですね、これ。

概要

k240studio(c) AKG 製品ページより

 
開放型リスニング兼用タイプ。

使っていたのは大分昔ですが、未だに根強い人気があるようです。

メーカーはセミオープンタイプと言っていますが、密閉型に比べるとやはり音漏れは大きめですね。

ちょっと好みは分かれるかもしれませんが、ロングセラーになるだけの理由はある機種です。

音の傾向

開放型らしい繊細な音で、リバーブなどがとっても綺麗に響きます。リバーブをたっぷりかけたピアノとか、弾いててとっても気持ちいい感じですね。

ミックスをするという点では、長時間聞いてても疲れにくい音であるというのもメリットでしょう。

ジャンルとしてはダンス・ロック系よりはジャズ・クラシック系に向くような雰囲気の音です。

気になる点

開放型であるため、レコーディング時のモニターには向きません。

また、最近のレビューを見る限りではプラスチック部分の耐久性に問題があるという報告があるようです。

音としてもおとなしめかつ優しい方向性なので聞き疲れしませんが、人によっては『膜の張ったような音』と感じる人もいるようです。

ガッツがある音が好きな方は別のヘッドホンを選んだ方がよいでしょう。

総評

基本的には開放型のイメージ通りという音がするヘッドホンです。優しく、繊細な表現が得意だけど、パワー感はちょっと物足りない

デザインについてもちょっとレトロな雰囲気があり、好みが分かれる所でしょう。

実際に聞いてみて、自分のイメージと合うかどうか。それが大事になってくる機種だと思います。

■ AKG "K240 Studio":製品情報ページ
■  サウンドハウス での レビュー確認・商品ページはこちら

 

ヘッドホンレビューのまとめ

2回にわたって、私が利用したことがある6機種を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ちょっと古めの物が多いため、今選ぶとすると的確な選定ではないかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。

レビューについてはできるだけ多くの人の意見があった方が参考になるかと思いますので、「自分はこう思った」「それはちょっと印象が違う」などご意見があれば、ぜひコメントにてお寄せいただければと思います。

 

-機材レビュー
-

Copyright© くりおぺ , 2017 AllRights Reserved.