くりおぺ

サークル『釣師』ぼいじゃあによる無料音楽素材、DTM講座、Mixのやり方、各種機材・プラグインレビュー、作品紹介、活動報告など。趣味の料理レシピなんかも。

ステーキ

料理・レシピ

『Anova Precision Cooker』で極ウマ低温真空調理ライフ!

投稿日:

 

自分の家でも、完璧な仕上がりのローストビーフを作ってみたくありませんか?

『Anova Precision Cooker』があれば、誰にでも簡単に、オーブンを使う事もなく、美しいロゼ色に仕上がったローストビーフを作る事が出来ますよ!

 

 

今回の記事では、ローストビーフだけでなく、様々な料理やスイーツ、ヨーグルトまで作る事ができる『Anova Precision Cooker』を紹介したいと思います。

 

 

『Anova Precision Cooker』とは?

 

真空状態にした食材を低温で調理する事により、栄養分を損なわずに、しかも今までにないほど柔らかく、ジューシーな仕上がりにすることができる料理法、それが『スーヴィード』(真空調理法)

『Anova Precision Cooker』(以後Anovaと略)は、その調理方法を家庭で簡単にできるようにしたものです。

 

by カエレバ

 

Anova

 

使い方は簡単で、

  1. Anovaを鍋などの容器に取り付け、お湯をいれる。
  2. 電源を入れ、調理温度、時間などを設定する。
  3. 下ごしらえをした食材をジップロックにいれ、空気を抜く。
  4. お湯が調理温度になったらジップロックを鍋に沈め、後は放置。
  5. 食材を取り出し、表面を焼くなどの仕上げをしてできあがり!

これだけ!

 

細かい温度調節はすべてAnovaがやってくれる上、火も使わないため、寝ている間に調理をすることだってできちゃいます

 

Anovaでローストビーフを作る

 

それでは、Anovaを使ってローストビーフを作ってみましょう!

 

材料

 

牛もも肉 お好きなだけ
肉の重さに対し0.7~0.8%
あらびき胡椒(お好みで) 適量
オリーブオイル(無ければサラダオイルでも可) 大さじ2〜3
ブランデー(香り付け、無くても可) 大さじ2〜3

 

肉の下処理

 

ローストビーフ用のものであればそのままで構いませんが、もしもハナマサなどで売っているもも肉塊などの場合、スジなどを処理する必要があります。

 

もも肉塊

 

処理の方法は下記の記事などを参考にしてください。

 

 

スジを処理した肉はこんな感じになりました。

 

もも肉スジ処理済み

 

記事にも書いてありますが、処理したスジ肉は、冷凍しておいて煮込みやスジぽんにでもしてしまいましょう。

 

!! 注意点 !!

 

Anovaは基本的に低温で調理をするため、食材や調理道具を清潔に保つ必要があります。

調理をはじめる前には、まな板を熱湯消毒したりするなど、衛生には細心の注意を払って調理を進めましょう。

 

下ごしらえ

 

肉の重さに対し0.7~0.8%の塩を表面にまぶします。

これが一番美味しく感じる塩分濃度らしいですよ。

 

もも肉塩

 

肉をジップロックに入れ、さらに大さじ2〜3くらいのオリーブオイルを投入。

肉にオイルをなじませた後、香り付けに同じくらいの量のブランデーを入れたら、よく空気を抜き、ジップロックを閉じます。

 

水圧を使って空気を抜く

 

水圧を使ってジップロックから空気を抜く方法はこちらの記事などを参照してください。

 

Anovaで調理

 

Anovaを鍋に取り付け、肉が沈むくらいの量のお湯を入れます。

水からでもいいのですが、温まるまでに時間がかかるので、私は調理温度付近のお湯を入れるようにしています。

また、最低および最高水位線がAnovaに書かれているので、それを超えないように注意しましょう。

 

 

温度は55℃に設定

時間は肉の大きさにもよりますが、最低でも2時間以上という感じで、今回の調理時間は3時間ほど。

 

Anovaが稼働を開始するとポンプが動きだし、鍋の中のお湯を撹拌し、温度が一定になるようにしつつ、徐々に温度が上がっていきます。

水温が設定した調理温度に達すると、ブザー音が鳴って知らせてくれますのでご安心ください。

 

さあ、食材をいれたジップロックをお湯に沈め、調理開始です!

 

お湯から取り出して表面を焼き付ける

 

調理時間が終了したら、ジップロックを鍋から取り出します。

食材の表面をキッチンペーパーなどで軽く拭き、水気をとりましょう。

 

よく熱したフライパンで表面を焼き付け、焼き目を付けて香ばしさを出すと共に、殺菌も行います。

 

表面を焼き付ける

 

油を多めに入れておき、熱した油を回しかけるようにするのもいいでしょう。

 

焼き上げ完了

 

完成!

 

肉汁を落ち着かせるため、肉を休ませた後で切り分ければ完成です!

 

 

ぼいじゃあ
薄く切るのはなかなか難しいので、冷凍庫にいれて半冷凍くらいにしておくと、切り分けるのが簡単になりますよ。

わさび醤油とかで頂いてもいいですし、ジップロックに残っている肉汁に赤ワイン・しょうを足して味を調え、ソースにするのもお勧めです!

 

気になるところ

 

結構大きく、場所をとる

全長が約37cm、太さが約7cmと、結構大きく感じます。

鍋に取り付けている時はあまり気にならないのですが、いざ片付けて収納しようとすると、その独特の形状もあり、片付けるのがちょっと面倒くさいです。

 

国内に代理店がない

この記事を書いている2017年2月現在では、国内に代理店がないため、公式サイトから個人輸入するか、並行輸入品を買う形になります。

故障した時の保証など、ちょっと面倒出ある事は否定できません。

 

その際にもいくつか注意しなければならない事があったりしますが、それはまた改めて、別の記事にまとめたいと思います。

 

料理好きなら持っておいて損はない!

 

今回は試しにローストビーフを作ってみましたが、分厚いステーキをこんな仕上がりにしたりするのも、Anovaを使えばカンタン!

 

厚切りステーキ

 

パサつきがちな鶏むね肉も、低温調理する事でしっとりとした仕上がりになり、魚料理などでも、ふわふわとした今までにない食感に仕上げる事が出来ます。

また、プリンやヨーグルト、果物のコンポートなどのスイーツを作る事もでき、料理好きな人にはとってもお勧めできるものと言えるでしょう。

 

料理好きな皆様、ぜひAnovaをチェックしてみてください。決して損はしませんよ!

 

by カエレバ

-料理・レシピ
-,

Copyright© くりおぺ , 2017 AllRights Reserved.