くりおぺ

サークル『釣師』ぼいじゃあによる無料音楽素材、DTM講座、Mixのやり方、各種機材・プラグインレビュー、作品紹介、活動報告など。趣味の料理レシピなんかも。

雑記

立川極上爆音行ってきました 【ガルパン&マッドマックス】

投稿日:

 

ガルパンを称えよ!!!!!

 

V8はいいぞ!!!!!

 

ん!? 間違ったかな……

 

というわけで、立川シネマシティにて、極上爆音『ガールズ&パンツァー』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』二本立てで鑑賞してきました。

 

今回は映画単品ではなく、『極上爆音』そのものについて書いていきたいと思います。

なので、映画内容のネタバレなどはありません。安心してお読みください。

 

席どころか劇場が震える極上爆音

 

正直、予告編が流れてる段階では、

 

「うーん、低音域を増やしただけなのかなぁ」

「期待外れかも知れないなぁ」

 

そんな事を考えてました。

 

ごめんなさい。

 

本編がはじまって、最初の台詞とかがすっごく普通に聞こえてたので

 

「なんだ、普通じゃん」

「がっかりかもなー」

 

とか思ってました。

 

ごめんなさい。

 

 

最初の爆発音が鳴ったとき、

 

マジでビビりました。

 

ビクッってなりました。

私が間違ってました。

 

ごめんなさい。

 

 

「たいしたことない」とか一瞬でも思った私がバカでした。

 

土下座して謝ります。

 

 

冗談抜きで座席は震えてました。

ビリビリきます。

音量がデカい時とか、劇場自体が震えてるんじゃないかってレベルです。

 

そして何がすごいかって、そんだけ低音がガンガン来るくせに、

『台詞はちゃんと聞こえる』

んです。

 

しかも、爆音のなのに

『耳が痛くない』

これ、実はすごいことなんですよ。

 

さすがは専門の方を読んで調整しているだけあります。

(ガルパン至っては、作品の音響監督である岩浪美和さんが直々に調整してます)

 

とにかく、凄まじい迫力としか言えない音響でしたよ!

 

他のシアターとの違い

 

正直、他の映画館で見たことがないので比較はできないのですが、ここまで迫力のある音響を聞いたのは初めてです。

映画館と言うよりは、ドームクラスのライブを、最前列で聴いてるくらいの迫力、という感じ。

 

4DXなどの体感型とはまた違う方向性で、あちらが『エンターテイメント』に特化した上映なら、極上爆音は『音響』に特化した上映と言えるでしょう。

 

他の劇場で一度見ている方でも、極上爆音でもう一度見るだけの価値は十分にあると思います。

 

シネマシティズンという制度

 

立川シネマシティには『シネマシティズン』という会員制度があるんですが、これがまたすごいんですよ。

 

1年で¥1,000、半年なら¥600の会費で、映画鑑賞が平日¥1,000、土日祝でも¥1,300になります。

つまり、平日に見に行くなら、半年契約をすれば1回目からでも割引になる、って事です。

 

私は今回2本見るつもりだったので契約したんですが、本来¥3,600の所が、¥2,600ですんでしまったわけです。

たった¥2,600でんで、こんな充実したエンターテイメントが楽しめるとか、ありがたいというかもはや申し訳ないレベル。

 

とはいっても、一度極上爆音を見てしまうと絶対にまた行きたくなるので、会費は決してムダにならないと思いますがね。

 

ステマなんかするか、オープンなマーケティングだ!

 

なんかステマ臭い記事だと思われるかもしれませんが、これが正直な私の気持ちです。

 

それに、私はステマなんかしません。

いいと持ったものは、オープンかつダイレクトに宣伝します。

 

極上爆音最高!!

立川シネマシティ最高!!

 

ぜひ一度、シネマシティで極上爆音を見てみてください。

多分、私と同じ感想を持ってもらえると思いますよ。

 

 

立川シネマシティ

 

-雑記
-,

Copyright© くりおぺ , 2017 AllRights Reserved.